鯖memo

主にDebianを使って色々と遊んでみます

OSをDebian 7 wheezyに変更 - さくらのVPSでWordPressを動かしてみる(1)

f:id:log134:20140114220445j:plain

随分と現役を離れましたが、久しぶりにサーバをいじってみようと思います。
巷で評判のいい「さくらのVPS」をとりあえず使ってみます。

リハビリがてらにこれまた最近人気のWordPressを動かすところまでやろうと思います。
昔はMovableTypeの方が勢いがあったような気がしますが、今はWordPressの方が優勢みたいですね。
というか目立つサイトやブログはほとんどWordPressの様な気がします。

動作要件みると必要なのはApache、PHP、MySQLぐらいですね。
Debianを使う予定ですが他OSでもやることはほぼ同じです。

980円のプランをとりあえず申し込み

VPS(仮想専用サーバ)のさくらインターネット 

申し込み後、しばらくするとIPアドレスとrootのパスワード、コンパネのログインパスワードが送られてきました。
お試し期間中は制限があるみたいです。

  • 外向き25番ポートが使えない
  • 転送帯域が上下2Mbpsまで
  • ネームサーバが使えない
  • ローカルネットワークが使えない

ミドルウェアを入れるにあたり、転送速度が出ないのはきついですが、お試し期間内でWordPressを入れるまではできますね。

OSをDebianに変更

プリインストールされているのがCentOS6の64bitバージョンなので、これをDebianに変更します。
別にCentOSでもいいんですが、Debianが好きなので。
知らぬ間にDebianのバージョンも7(wheezy)まで上がっているようです。

自分が最後に使ったDebianは4(Etch)でした。

Debianをインストール

さくらVPSコンパネにOS再インストールというメニューがあり、「Debian7 amd64」を選択すると仮想コンソールが立ち上がりDebianインストーラが起動しました。
インストール画面や方法は昔と同じでした。

パーティションは下の様に切りました。

パーティション容量ファイルシステム備考
/boot 128MB ext4 ブート
swap 2GB swap スワップ
/ 残り全部 ext4 /(ルート以下ざっくりと)

インストールするパッケージの選択はできませんでした。

Debianを起動

コンパネからインストールしたDebianを起動してインストールの完了です。
設定したrootのパスワードでログインが可能です。
インストール完了段階でsshdが動いていたのでそのままSSHでログインができてしまいます。もちろんパスワードがかかっていますが、rootでSSH接続/ログインができてしまうという好ましくない状態です。
なので、最低限SSH周りの設定をする必要があります。
そのまま放置しておくのもどうかと思うのですぐに設定できない場合やしない場合はサーバをシャットダウンしておいた方が安全です。

Debianを最小構成で入れると、SSHはもちろんmakeすら入っていないというシンプルさが好きなんですが、これが仕様のようなのでしょうがないですね。

次回はDebianの初期設定を行います。