鯖memo

主にDebianを使って色々と遊んでみます

WordPressのインストール - さくらのVPSでWordPressを動かしてみる(6-終)

f:id:log134:20140127191230j:plain

前回まででサーバ環境が整ったのでいよいよWordPressのインストールを行います。
FTPを使う方法の紹介が多いようですが、今回のサーバ環境ではFTPをインストールしていないのでFTPを使わない方法になります。

WordPressをダウンロード

公式サイトから最新バージョンをダウンロードします。
「/usr/local/src/」というディレクトリにダウンロードしていますがどこでも構いません。

# cd /usr/local/src/
# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.8-ja.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍してドキュメントルートにコピーし、ディレクトリおよびその中にあるファイルの所有者をApacheの実行ユーザー・グループに変更します。

# tar -xzvf wordpress-3.8-ja.tar.gz 
# cd wordpress/
# cp -r ./* /var/www/blog.sample.com/web/
# chown -R www-data:www-data /var/www/blog.sample.com/web/

ファイルの所有者変更をしないと、画像のアップロードやテンプレートの編集ができないなど不具合が出ると思います。

設定ファイルの作成

WordPressの設定ファイル「wp-config.php」を作成し編集します。

# cd /var/www/blog.sample.com/
# mv wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php 

MySQL(データベース)へ接続する情報です。
MySQLが別サーバで動いていない限り、下記のみでOKなはずです。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wpdb');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'USER_NAME');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'USER_PASS');

もう1カ所認証用ユニークキーという部分を編集します。
これは、WordPress.org の秘密鍵サービスで作成したものをコピペすればOKです。(下の内容はコピーしないで下さい。)

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         ' #:y@UFpU^mmOm(|p&n(B.l^@gamF!+ A$jd+2G_P>@H9?x=S)_`|1lM[Veq*=yU');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'hQMFr0<RoC?x*0+tq+Sc)gDZruCGUf)$s-rs_^I-3eP-A;tX.1Rf2TDMQOvL3*Nw');
define('LOGGED_IN_KEY',    'K*QH}eK -97=]GEy/+iaL?_L)Rwso->3[Fif1HF%|u-K_f!|/P~NaD!$-$>oh0y6');
define('NONCE_KEY',        'GK%C?Ellv5n|7tf*iI3]+DvcM>4GQMyPWYO3|`bye1:0e)+l}{E N]@s1aoNX|w$');
define('AUTH_SALT',        'sE2*)gq!<K^/N2,VGu7!h!:syI!Z10+0)t&U9W;g*%[_$MgYNL|m@L`{]:/mI]-@');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'y)b_M+w>j2XE_T2~Zk,6-_[ .(ne <+)db,-[#Rhz^L0e7qPU4e_<<)U(|&}-B03');
define('LOGGED_IN_SALT',   'hU<-9DPlPN7<UX.Z+HI/8O+MFXo>|4h~_DeOlI>!4[9H9!uv?Se)h(@TZ4nP@e~L');
define('NONCE_SALT',       '0.XS* %5+-`h/TGs{U[>Jf:op5krrnX=qnC1V@ms6;tf?:sb;*Z6gf&[*b|#)@UZ');

以上で設定完了です。

ブラウザで確認

ブラウザでブログのURLを確認するとインストールが完了して、WordPressが動いているはずです。

FTPやphpMyAdminをインストールしておりませんが、FTPはSFTPで代用、MySQLはサーバから直接コマンドラインで作業をすればこの2つはいりません。
余計な物はなるべく動かさないようにするのがセキュリティ的にもサーバリソースの節約の面でも良いと思います。

ひとまずこれで動いたのでこのシリーズは終わりにします。